眠れぬ夜と、人の気配と安心感

スポンサーリンク

最近なんか、寝るのが下手くそになっちゃったな。
これまでは、布団に入れば1分で寝付けたんだけど、1時間寝付けないこととかが出てきた。
なんでだろ。暑いからか。
寝るのにちょうどいい温度って、けっこう低いみたいだし。
夏は仕方ないかも。
まあどうせ夏休みで暇なのだし、その分昼寝をすればいいか、という感じだ。

寝付けない時は、ラジオとか配信とか、リアルタイムで誰かがしゃべっているのを聞くとなんかホッとするよなー。
深夜アニメを録画したけど見てなかったりする時にそれを流していても、気づいたら寝ちゃっていたりしているけど。
そういう意味だと、声とか音とかは睡眠導入剤としての効果はあるかもしれない。
(ただし内容によると思う。うるさいだけじゃなくて面白いことが重要)

ただ逆に、ゲーム実況とか見ている途中で「あ~」とか言っている間に眠ってしまうことも多々ある。
あとはそうだね、やっぱり人の気配っていうか存在かな。
自分がそこにいなくてもいいような、ただ見てくれていれば満足みたいな感じで、安心できるんだよなぁ。
ん? それは違う? ……そうかもね。
でも結局私はそういうのを求めてしまうんだろうな……。
う~む……難しいものだ。
(おわり)

アサヒ

 ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました