山に登る人の心になれない

スポンサーリンク

山登りが好きな人っているよね。
……出だしのこの一文でお気づきと思いますが、私は山登りのよさを感じたことがないのですよ。
山登り好きな皆さんにお聞きしますけど、山登りが好きになったら人生変わりますか!?
でも、たとえ人生が変わると言われても、登りたくなさが完全に優ってしまうよね、気持ちとして、どうしても、常に。
そんなこんなの私です。

もしも仮に、私が大学生になった時に何かの手違いで登山サークルに入ってしまったとするじゃん。
そしたらきっとこうなる。

***
登山サークルのメンバーからのメッセージ。
「今年のゴールデンウィークも山登りするぞ!予定ある?」
(行きたい……!でも……体力がない……!でも楽しそう!行ってみたい!……あーでも無理かな?うーん……どうしよう……。)
迷った末に、「予定あり」の返事をする。
(まぁ、予定なんてないけど……来年とか行けるといいな……。)
***

こんな感じで全ての行事を断って、徹頭徹尾、幽霊部員となると思う。
山に登ることはできないというわけですね。
いずれ目覚める可能性も、無きにしもあらずだけど……。
ひとまずは標高変わらずの人生でいこう。

アサヒ

 ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました